トピックス

これは、
事実をもとに書かれた
フィクション

バッドドリーム
村長はイヌ!?   色恋村選挙戦狂想曲

”悪い夢を見た”で済まされない、
原発のもたらす終わりなき災厄。

海沿いの小さな村々に降って湧いた電力3社の原発計画。巨額の金が乱れ飛び、
地域の絆をずたずたに裂いた悪夢のような日々を、28年に及ぶ粘り強い闘いの末、
電力会社3社を撤退に追い込んだ能登半島、珠洲市民たち。

本書は、渦中にいた著者によって、事実をもとに書かれた小説です。

落合誓子

本体価格:1600(税込:1760)円                   
ISBN:978-4-916110-91-6
A5判並製 152ページ

  ↓『週刊金曜日』2024.2.9号にて掲載💚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           

    ↓2009年9月26日付「図書新聞」に米田綱路(「モスクワの孤独」著者)さんの書評が掲載されました

解説”お犬サマ”まで立候補!?
巨額の金が動く「産業廃棄物処分場」プロジェクトの誘致をめぐり、小さな海辺の村は真っ二つに。前代未聞の次期村長候補を担いだ開発推進派。トンデモ候補相手に苦々しくも大真面目な選挙戦を強いられる反対派陣営。都会へ出ていった子どもらが戻ってくる日のために自然を守り、海とともに生きていこうと立ち上がった若き候補と支持者たちに想像を絶する妨害・謀略が繰り出される。
舞台は、日本海に面した架空の村「色恋村」。天才犬ケン太に目をつけた欲と金に踊る人間たちの老獪とふてぶてしさに初々しい正義派は果たして勝てるのか――
はたまた小説は事実を超えられるか……?

 ●著者プロフィール
  1946年石川県珠洲市在住。
  ノンフィクションライター・作家。
  市議会議員として地方政治に関わる。
  著作に
  『貴族の死滅する日』(晩聲社)
  『原発がやってくる町ー「トリビューン能登」より』(すずさわ書店)
  『わいわいがやがや女たちの反原発』(三輪妙子編 労働教育センター)
  『女たちの山』(山と渓谷社)他多数。

 

 

 

 

           ☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘

 

料理大好き
小学生がフランスの台所で
教わったこと
著者ケイタ(中学3年生になりました) が

NHK総合テレビ
7月6日(木)23時(〜30分)
『所さん!事件ですよ』
出演しました。

番組HPより
「社会の⽚隅で起きている放っておけない出来事
その真相を探る情報ドキュメンタリー!」

「今回のテーマは「クラウドファンディング」
⾃分の夢を実現させたり、起業につなげたり…
今や⼩中学⽣の間でも⾝近なクラウドファンディング
続々⽣まれる新たなビジネスなど、多様に変容していく姿を追って」

長野県山中の農家で暮らすケイタは1歳で包丁を握るほどの料理好き。フランス料理に憧れ、2020年1月、
農業ボランティアで家にきた友人を訪ね、小学5年で2週間のフランス料理修業に飛び出す!! 
鍛冶屋で作ったマイ包丁を提げ、行く先々でフランス料理のレパートリーを増やしていった修業記録。その行動力に
あきれ気味の親のもとで、次々と新しい遊び(労働)を体得していく姿に感動!
コロナが世界中に広がろうとする直前に帰国を果たし、農家の暮らしに戻ったのち、家族に料理を
ふるまいながら、大工さんに教わりながら、弟たちと一緒に自分の家を建ててしまった。
育てられたのか? 育ったのか? 
「やりたい!こと」にまっしぐら。

 

 

 

 

 
2023.7.5nhkケイタ.jpg

 

著書の出版を引き受けた編集代表も、久しぶりに番組HPで再会したケイタ君の逞しい二の腕に、堂々おとなへの?階段を駆け上っていそうにも思えて、凛々しい成長ぶりがなんとも眩しい。7月6日(木)夜11時からの放送が待ち遠しいです。

 

 

 

        ♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫

 

 

四国高知の土地に引き寄せられるようにちいさな子たちと家族で
くらし始めた布作家、早川ユミさん。26年になろうとするその
ちいさな谷あいの暮らしを、NHK-Eテレが30分、2本の番組に
まとめ、昨年11月〜12月に放送。
内外から大きな反響があり、年明けて、1月11日、17日に再放送、
再々放送が実現しました。

NHK-Eテレ
暮らしごと
ユミさんの土とちくちく 
1月11日(水)22:00〜22:29/22:29〜22:58
17日(火)14:30〜14:59/14:59〜15:28

みらいのからだのーと 』著者、早川ユミさんの、からだの深いところから湧いてく
ことば。聴いている私のからだの奥も、じく〜り じく〜りと、木の葉のそよぎのよ
うに
動き出しますね。

「からだのうちがわから、やってくるリズムが
わたしをうごかしていることに気づく。
土ってなんだろう。
土にふれると、手がよろこぶ。
からだは、土のうえで踊りたくなる。
手は草をぎゅっと掴み、
リズムをきざんで、のこぎり鎌で刈ると、
からだのうちがわから、やってくるリズムが
わたしをうごかしていることに気づく。
2011年の3・11を経て、2020年からのコロナ禍を経て、
いきいきと種まきする人たちがふえました。

 

「わたしのからだは、自然からのおくりものです。木が土とつながるように、わたしのからだは、地球と繋がっている」。  小さな畑に種をまき、耕し、実りという贈り物を自然からいただきながら、肌になじみ守ってくれる布に寄り添い、ちくちくと衣類や身辺で役立つものを創りだしてきたユミさんのくらしへの想いが、11月27日(日)「高知 実りの秋」(第1回)、12月4日(日) 「高知に暮らすおんなたち」第2回と放送され、大好評!!   再放送、再々放送されます。2023年1月11日(水)22:00〜22:29(前編)/22:29〜22:58(後編)
さらに1月17日(火)には【再々放送】も。1月17日(火)14:30〜14:59(前編)/14:59〜15:28(後編)

見逃した方、もう一度見たい方も、どうぞお楽しみに。

https://www.nhk.jp/p/ts/BX2PG2W4VR/
   ↑
高知の山間で、“ちいさな自給自足” の暮らしを営む、布作家の早川ユミさん。▽お米や野菜、自分で食べるものは自分で育て収穫し、来年の種をとり、保存食にする。▽工房では世界中の手織布や草木染でちくちく服を作る。今日はタイの布でもんぺ作り。機能的でうつくしい、ユミさんのお気に入りだ。▽ユミさんの生き方にひかれてやってくる若い「お弟子さん」たちとニンニクとソラマメの種をまく。生きるための知恵を身に着ける、暮らしごと。NHK-Eテレ 番組予告から

 

本書『みらいの からだのーと』は、本サイトおよび、全国の書店様、下記のWeb書店様より予約・注文いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫

12月17日(土)17:00~19:00
竹下和男特別講演会

弁当の日が生み出したも
~100年後の日本を変える取り組み

日時:2022年12月17日(土)17:00~19:00
会場:東京都世田谷区用賀2-18-9
小原工業3階会議室
(東急田園都市線「用賀」駅 東口徒歩5分)
オンライン  ZOOM ※アーカイブ配信なし

参加費:1500円(税込)/書籍付き『100年未来の家族へ』(自然食通信社刊)
竹下先生サイン入り

主催・お問合せ先 : 一般社団法人 ホールフード協会
145-0064  東京都大田区上池台2-31-11-2
TEL.03-6421-9027
メール:MARUGOTO@WHOLE-FOOD.jp

自分でつくる。家族につくる。「弁当の日」の小さな実践が子どもの
成長を後押しし、教師や親を変えていく。2001年4月、学校職員、保
護者がそろった新学期スタートの日、”親は決して手伝わないでくだ
さい”の言葉をたずさえ、香川県の小学校で「
弁当の日」の実践に取り
組む宣言をした竹下和男校長。
全国初のユニークな実践は子どもたちの心を弾ませ、親たちや地域を
も巻き込んで地元はもとより、新聞・雑誌・テレビメディアで紹介さ
れ、
2003年には全国初の実践記録『「弁当の日」がやってきた』
を自然食通信社から出版、『台所に立つ子どもたち』他、たくさんの
本を出版され、いまでは実践校も2300校を越えるまでに。
2020年には100年先の家族の未来を見すえたドキュメンタリー映画
『弁当の日「めんどくさい」は幸せへの近道』が完成。全国各地で上
映が始まりました!大ヒット映画
「はなちゃんのみそ汁」原作者、安
武信吾さんの初監督作品として、竹下さん(
『100年未来の家族へ』
著者)
も出演されています。

「――新型コロナウイルス対策で家庭で過ごす時間が多くなったこと
を生かし、子どもたちに仕事を。親が支援的であれば、子どもはどん
どん「役に立つ」存在になります。それが自立であり、生きる力です。
子どもの奮闘に目を細め、見守ってください」と語る竹下さん。

親は、誰もが健康で心のやさしい子に育ってほしいと願います。大人
はどうあるべきか? これから親になる方、子育て
真っただ中の方に、
心ふるわせる竹下さんの生の声を、2022年の締めくくりにお届けしま
す。

 

♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫

映画「弁当の日『めんどくさい』は幸せへの近道」が全国各地で上映が始まりました!上映スケジュールのチェックはこちら https://bento-day.com/schedule/予告動画はこちら→https://bento-day.com/

自分でつくる。家族につくる。「弁当の日」の小さな実践が子どもの成長を後押しし、教師や親を変えていく。100年先の未来を見据えた食育活動のドキュメンタリー。安武信吾(「はなちゃんのみそ汁」著者)初監督作品。竹下和男さん( 『100年未来の家族へ』著者)も出演。

竹下和男さんは語ります。――新型コロナウイルス対策で家庭で過ごす時間が多くなったことを生かし、子どもたちに台所仕事を。親が支援的であれば、子どもはどんどん「役に立つ」存在になります。それが自立であり、生きる力です。子どもの奮闘に目を細め、見守ってください。

♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫

子どもが作る“弁当の日”とは? ひろがる実践、食育と学校について、「弁当の日」提唱者である、竹下和男さんのオフィシャルHP →https://bentounohi.co.jp/about/

ぜひご覧ください。動画でも解説してます。講演予定も随時更新中!

2019年5月28日『視点・論点』(NHK総合)に出演された竹下和男さんのお話が、解説アーカイブスで読めます。読み応えあります!! こちらもぜひご覧ください。→ka.jp/kaisetsu-blog/400/368301.html

2021年4月18日『ラジオ深夜便【美味しい仕事人】』(NHKラジオ第一)に竹下和男さんが登場。 『子どもが育つ「弁当の日」』への思いを後藤繁榮アナがじっくり聴きました。

★★こつこつとロングセラー★★

竹下和男著『”弁当の日”がやってきた『台所に立つ子どもたち』『始めませんか こどもがつくる”弁当の日”』『”ごちそうさま”もらったのは「命」のバトン』(共に自然食通信社刊)が、新潮社の雑誌『考える人』web版 <編集長・コラム>で、1冊目の『”弁当の日がやってきた”』中、竹下校長が卒業生に贈られた言葉を全文引用し、すばらしい取り組みと絶賛、「名文」とたたえてくださいました。

この式辞にはいま世界で、日本で問題とされているテーマが、ぎゅっと凝縮されているといっても過言ではありません。雑誌編集者を奮い立たせる“お弁当力”を見せつけられた気がします。』(「考える人」編集長 河野通和)

新装版『”弁当日”がやってきた』  『台所に立つ子どもたち』   

              

    命のバトンカバー帯なし
始めませんか         「ごちそうさま」もらったのは”命”のバトン
”子どもがつくる”  
「弁当の日」』
      
                            
       

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【子どもがつくる弁当の日って?】 

2001年、香川県の滝宮小学校で始まりました。全国初の試みの、大切なルールは「親は手伝わないで」 献立づくりから、買い出し、調理、弁当詰め、片づけまで、全部、やるのは子ども自身。

おかずの交換自分でつくる。家族につくってあげる。友だちの顔を思いながらつくる——
「おいしかった」「ありがとう」
あたりまえの言葉がこんなにうれしいなんて。全国の学校と家族、地域に“弁当の日”が広がっています。『”弁当の日”がやってきた』本文・平成14年の卒業文章より―― 「親は決して手伝わないでください」で始めた「弁当の日」でしたが、どうでしたか。食事を作ることの大変さがわかり、家族をありがたく思った人は、優しいひとです。手順よくできた人は、給料をもらう仕事についたときにも、仕事の段取りのいい人です。<中略>「いただきます」「ごちそうさま」が言えた人は、感謝の気持ちを忘れない人です。家族がそろって食事をすることを楽しいと感じた人は、家族の愛に包まれた人です。滝宮小学校の先生たちは、こんな人たちに成長してほしくって二年間取り組んできました。おめでとう。これであなたたちは、「弁当の日」をりっぱに卒業できました。――

 
つばた英子さん・つばたしゅういちさんの日々の暮らしに寄り添い続けた映画『人生フルーツ』。なんと2017年1月封切後から、劇場・自主上映合わせ32万人の観客動員数!ドキュメンタリー映画としては異例の大ヒットです。
 『人生フルーツ』公式HP → http://life-is-fruity.com/

jf-main

 

 

 

©東海テレビ「生き方そのものを捉え直す最高の体験。素晴らしい」と静かな感動をつたえる言葉がたくさん寄せられています。


★『人生フルーツ』(東海テレビ放送)が第91回キネマ旬報文化映画ベスト・テン1位を受賞されました。

『人生フルーツ』(東海テレビ放送)が平成29年度文化庁映画賞(文化記録映画部門・映画功労部門)の文化記録映画優秀賞を受賞されました。

★2017年10/15(日)朝日新聞書評欄【売れてる本】で『ふたりから ひとり ときをためる暮らし それから』が紹介されました!
2017年3月20日の東京新聞(文化娯楽欄)で『ききがたり ときをためる暮らし』『ふたりからひとり ときをためる暮らし それから』が大きく取り上げられました!

うれしい読者カードいただきました。~今年の母の日に『ふたりからひとり』が届きました。

♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫ ♪♫♪♪♫

梨木香歩さんの『炉辺の風おと』(2020/9/20 毎日新聞出版)の〔第五章 遠い山脈〕でほどくよ どっこい ほころべ  よいしょ 暗闇へ 梢をのばす くにつくり(伊藤晃・著)を紹介していただきました。〔第四章 少しずつ育てる2〕では、伊藤さんの「菜園だより」が引用されました。初出は毎日新聞「日曜くらぶ」連載(2018年4月1日~2020年6月21日)。誠にありがとうございました