おしらせ

竹下和男特別講演会
弁当の日が生み出したもの
   ~100年後の日本を変える取り組み~

日時:2022年12月17日(土)17:00~19:00
会場:東京都世田谷区用賀2-18-9
小原工業3階会議室
(東急田園都市線「用賀」駅 東口徒歩5分)
オンライン  ZOOM ※アーカイブ配信なし

参加費:1500円(税込)/書籍付き『100年未来の家族へ』(自然食通信社刊)
竹下先生サイン入り

主催・お問合せ先 : 一般社団法人 ホールフード協会
〒145-0064  東京都大田区上池台2-31-11-2F
TEL.03-6421-9027
メール:MARUGOTO@WHOLE-FOOD.jp

自分でつくる。家族につくる。「弁当の日」の小さな実践が子どもの成長を後押しし、教師や親を変え
ていく。2001年4月、学校職員、保護者がそろった新学期スタートの日、”親は決して手伝わないでく
ださい”の言葉をたずさえ、香川県の小学校で「
弁当の日」の実践に取り組む宣言をした竹下和男校長。
全国初のユニークな実践は子どもたちの心を弾ませ、親たちをも巻き込んで地元マスコミはもとより、
毎日新聞1面<余禄>をはじめ、読売、朝日、産経ほか全国のメディアで次々と紹介。
2003年には初め
ての実践記録『「弁当の日」がやってきた』を出版、『台所に立つ子どもたち』他、たくさんの本を出
版され、実践校は全国の小・中・高、大学まで、2300校を越えるまでに。
2020年には、100年先の未来を見据えた食育活動のドキュメンタリー映画『弁当の日「めんどくさ
い」は幸せへの近道』が完成。全国各地で上映が始まりました! ヒット映画
「はなちゃんのみそ汁」
原作者、安武信吾さんの初監督作品として、竹下和男さん(
『100年未来の家族へ』著者)も出演され
ています。
いまだコロナウイルスの感染力への注意が呼びかけられている状況の中ではありますが、当日はオンラ
インでのご参加も含め、「きょう、あすのことにだけ振り回されるのでなく、親子、家族、人と人が思
いやるところからいろんなことがつながりあって、家族としてのちから、他者と共に社会を作るちから
を育て合える未来がひらけるのだと希望をもちましょう」とご自身も胸ふくらませながら語られた竹下
さん。「3年もの長い時間、ぎゅーっとからだを縮めてしまっていたことに気づかされ、今日はほんと
うに元気を
いただけて」との感想を残された方もおられました。

「――新型コロナウイルス対策で家庭で過ごす時間が多くなったことを生かし、子どもたちに仕事を。
親が支援的であれば、子どもはどんどん「役に立つ」存在になります。それが自立であり、生きる力で
す。子どもの奮闘に目を細め、見守ってください」と語る竹下さん。

親は、誰もが健康で心のやさしい子に育ってほしいと願います。大人はどうあるべきか? これから親
になる方、子育て
真っ只中の方に、心を震わせる竹下先生の生の声を、2022年の締めくくりにお届け
します。


竹下和男特別講演会
弁当の日が生み出したも
   ~100年後の日本を変える取り組み

日時:2022年12月17日(土)17:00~19:00
会場:東京都世田谷区用賀2-18-9
小原工業3階会議室
(東急田園都市線「用賀」駅 東口徒歩5分)
オンライン  ZOOM ※アーカイブ配信なし

参加費:1500円(税込)/書籍付き『100年未来の家族へ』(自然食通信社刊)
竹下先生サイン入り

主催・お問合せ先 : 一般社団法人 ホールフード協会
145-0064  東京都大田区上池台2-31-11-2
TEL.03-6421-9027
メール:MARUGOTO@WHOLE-FOOD.jp

自分でつくる。家族につくる。「弁当の日」の小さな実践が子どもの成長を後押しし、教師や親を変え
ていく。2001年4月、学校職員、保護者がそろった新学期スタートの日、”親は決して手伝わないでく
ださい”の言葉をたずさえ、香川県の小学校で「
弁当の日」の実践に取り組む宣言をした竹下和男校長。
全国初のユニークな実践は子どもたちの心を弾ませ、親たちをも巻き込んで地元マスコミはもとより、
毎日新聞1面<余禄>をはじめ、読売、朝日、産経ほか全国のメディアで次々と紹介。
2003年には初め
ての実践記録『「弁当の日」がやってきた』を出版、『台所に立つ子どもたち』他、たくさんの本を出
版され、実践校は全国の小・中・高、大学まで、2300校を越えるまでに。
2020年には、100年先の未来を見据えた食育活動のドキュメンタリー映画『弁当の日「めんどくさ
い」は幸せへの近道』
が完成。全国各地で上映が始まりました! 大ヒット映画
「はなちゃんのみそ汁」
原作者、安武信吾さんの初監督作品として、竹下和男さん(
『100年未来の家族へ』著者)も出演され
ています。
いまだコロナウイルスの感染力への注意が呼びかけられている状況の中ではありますが、当日はオンラ
イン Zoomでのご参加も含め「きょう、あすのことにだけ振り回されるのでなく、親子、家族、人と
人が互いを思いやるところから色んなことがつながりあって、家族としてのちから、他者と共に社会を
作るちからを育てあえる未来がひらけるのだと希望をもちましょう」と、ご自身も胸ふくらませながら
語られた竹下さん。「3年もの長い時間、ぎゅーっとからだを縮めてしまっていたことに気づかされ、
今日はほんとうに元気を
いただけて」との言葉をくださった方もおられました。

「――新型コロナウイルス対策で家庭で過ごす時間が多くなったことを生かし、子どもたちに仕事を。
親が支援的であれば、子どもはどんどん「役に立つ」存在になります。それが自立であり、生きる力で
す。子どもの奮闘に目を細め、見守ってください」と語る竹下さん。

親は、誰もが健康で心のやさしい子に育ってほしいと願います。大人はどうあるべきか? これから親
になる方、子育て
真っ只中の方に、心を震わせる竹下先生の生の声を、2022年の締めくくりにお届け
します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「種みたいに土を着る、土着のフェミニズム展」

2022.12.3(土)〜12.11(日)高知市はりまや町2-8-8 あんどうビル2F
    海花布土木はなふどき にて
TEL.088-884-2296/営業時間 12:00〜18:00/定休 火曜・水曜、日祝祭日は不定休

…………

海花布土木はなふどき  ブログ[展示会情報]➡️http://hanafudoki.exblog.jp


「わたしのからだは、自然からのおくりものです。木が土とつながるように、わたしのからだは、地球と繋がっている」。  小さな畑に種をまき、耕し、実りという贈り物を自然からいただきながら、肌になじみ守ってくれる布に寄り添い、ちくちくと衣類や身辺で役立つものを創りだしてきたユミさんのくらしへの想いが、11月27日(日)「高知 実りの秋」(第1回)、12月4日(日) 「高知に暮らすおんなたち」第2回と放送され、大きな反響を呼び、再放送が決定。2023年1月11日(水)22:00〜22:29(前編)/22:29〜22:58(後編)

さらに1月17日(火)には【再々放送】も。1月17日(火)14:30〜14:59(前編)/14:59〜15:28(後編)

見逃した方、もう一度見たい方も、どうぞお楽しみに。

https://www.nhk.jp/p/ts/BX2PG2W4VR/
   ↑
高知の山間で、“ちいさな自給自足” の暮らしを営む、布作家の早川ユミさん。▽お米や野菜、自分で食べるものは自分で育て収穫し、来年の種をとり、保存食にする。▽工房では世界中の手織布や草木染でちくちく服を作る。今日はタイの布でもんぺ作り。機能的でうつくしい、ユミさんのお気に入りだ。▽ユミさんの生き方にひかれてやってくる若い「お弟子さん」たちとニンニクとソラマメの種をまく。生きるための知恵を身に着ける、暮らしごと。NHK-Eテレ 番組予告から

 

本書『みらいの からだのーと』は、本サイトおよび、全国の書店様、下記のWeb書店様より予約・注文いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 


3年ぶりに開催の「BOOK MARKET 2022」に自然食通信社も出店します。
人気の本、おすすめの本、取り揃えて販売します。ぜひお越しください!

■第12回 BOOK MARKET 2022

2022年7月23日(土) ~ 24日(日) 10:00~17:00
浅草・台東館 7階南側会場

東京都台東区花川戸2-6-5 (場所→Google Mapで見る)
東京メトロ銀座線浅草駅・東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅から徒歩5分
都営浅草線浅草駅から徒歩8分
つくばエクスプレス(TX)浅草駅から徒歩9分

56社の出版社・新刊書店・古書店などが、「本当に面白い本」を持って大集結!
本や古書の販売はもちろん、野菜や生活雑貨の販売も。本にまつわるさまざまなトークイベントも開催

★詳細は主催者のホームページでご確認ください。
https://www.anonima-studio.com/bookmarket/

BOOK MARKET は、出版社が主催する本好きのための本の夏祭りです。
第12回となる今回は、過去最大となる50ブース56社が大集合します。
「本当に面白い本」との出会いを楽しみにいらしてください。
出展社一同、読者の皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

★自然食通信社の出展社紹介はこちら
https://www.anonima-studio.com/bookmarket/2022exh/18.html


2001年、滝宮小学校で〝弁当の日〟を始めた竹下和男さん

竹下和男さんインタビュー・子どもが育つ「弁当の日」(初回放送:2021年4月18日)が再放送されます! 10月17日(日)午前4時5分~5時【ラジオ深夜便 おいしい仕事人 アンコール(NHKラジオ第一)】です。https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2a6.html アンカーは「きょうの料理」でお馴染みの後藤繁榮さん。子どもだけで「献立」「調理」「弁当箱づめ」「片づけ」を行う〝弁当の日〟。自分で調理し自立へ踏み出す子どもたち、手出しをせずに見守る先生や親、子どもたち同志で学びあい成長する姿などなど。そのお話は、20年間続けてきた説得力があります。ぜひこの機会にお聴きください。子どもたちが笑いながら教室で弁当を食べる日を、楽しみに待ちながら。

自立とは 自分の食事 作れること  『100年未来の家族へ』ぼくらがつくる〝弁当の日〟5.7.5 竹下和男(文・写真)宝肖和美(写真)

新しい記事
カテゴリー
タグ
弁当の日が生み出したもの 懐かしいもの 昼めしコラム 昼めし日記アーカイブ