既刊案内

既刊一覧に戻る

2011年1月25日 発売

ネットでは「弁当の日」応援団も続々!
新聞各紙、テレビ、ラジオで大反響 !!

978-4-916110-81-7

シリーズ・子どもの時間 3
新装改訂版“弁当の日”がやってきた
子ども・親・地域が育つ香川・滝宮小学校の「食育」実践記

竹下和男/香川県綾南町立滝宮小学校
本体価格:1600(税込:1728)円
ISBN:978-4-916110-81-7
四六並製 184ページ

 

 

解説食はいのち。食事をつくるって、いのちを込めること。いのちを和えること。「自力での”弁当づくり”」から、だれかのために作る喜びに目覚めた子どもたちが家族を結びなおす。

それは10年前、ひとりの小学校長の「親は手伝わないで!」の一言から始まった。食べ物の命」や育 てる人とも出会う「弁当作り」は子どもたちに自立の誇らしさを、家族に「くらしの時間」と会話を生み 出し、乾ききった土に降り注ぐ慈雨のように瞬く間に地域にひろがり、全国各地に伝わっていった。
”弁当ブーム”巻き起こした小学生も、大学生や社会人に。”弁当力”でもやしっ子返上。自炊OK!”一品持ち寄りゼミ”も大人気♪♪

「弁当の日」の実践は全国の小中高校、大学、オフィスへと、1898校を数えるまでに広がっています。(2018年7月16日現在)
それぞれの現場から寄せられる生き生きとした取組みの様子がひろがれ”弁当の日” brogで読めます。

九州大学生たちの間で始まった”一品持ち寄り”「お弁当の日」は、少し前までコンビニ三昧の食生活だっ たとは想像できないくらい楽しそうな自作のお弁当がずらり。

 

本を注文するには

ウェブサイトで本を買う

 

クロネコヤマトブックサービスで注文