昼めし日記

気温のアップダウンが激しかった春があっという間に過ぎ去り、もう6月!…って季節、飛びすぎましたね。その間に新緑がまばゆいほどに芽吹き、カラッとしたさわやかな風が吹いては、日も長くなりました。夏の到来を予感させてくれるこの季節、とても気持ちがあがってきます。

町では野鳥があちこちで巣作りを始めている様子。スズメやムクドリ、鳩、カラスなどが忙しそうに人家の軒先やその周辺で巣材を見つけては、びゅわーんと飛んで運んでいます。先週末、抱卵中のツバメのつがいをみかけました。じーっと動かず抱卵しているメス(だと思うがよくはわからない)と、そのすぐそばの軒下でのんびりと羽繕いに余念がないオス。ああそうか、ツバメってこんなにゆったり過ごすこともあるんだね、と改めて思ったり。もうちょっとしたら彼らが雨の降りしきる中、給餌のためにやたらと忙しそうに飛び回る。その頃っていうのが梅雨本番の季節なんだ。無事にヒナ孵るといいね、子育てがんばって。とエールを送りました。

さて、本日の昼めしは、からだは夏に向かってるけど、梅雨入りした体調にあわせるようなやさしさを入れ込んでの和のメニューでした。『野の扉』から届いたばかりの野菜はやはり新鮮そのもの。野菜から放出してる新鮮なエネルギーはすなわち「いのち」なんですよね。「いのち」を食べてるなあってほんとうに思いますね。(み)

6月7日(木)料理人:よこやま

春の香りを存分に味わわせてもらった筍も、伸びに伸びて、竹に(!)という訳で、来年までおあずけと、口寂しく感じていたところに、「わが家の庭に伸び放題の淡竹(はちく)をもらってください」と埼玉在住の知人からうれしいお言葉が。淡竹は孟宗竹よりも伸びるのが早く、油断していると歩くのにもひと苦労という言葉も大げさではないので、ありがたくいただいてさっそく事務所では、筍三昧メニューに。

・淡竹とグリンピースのごはん
①孟宗よりいくらかさっぱりとした味わいの淡竹をたっぷり刻み、野の扉から届いたこの季節ならではの出会いもの、ぷりぷりのエンドウ豆と、細切りにした人参も彩りに参加。だし汁と酒、塩、香り付けの醤油少々とで味つけし、薄味で軽く煮含め、汁気を切っておく。
②①と同様に味つけしただし汁でご飯を炊く。炊きあがる少し前に①の具材をのせ、炊き込み飯にする。

・淡竹と大根、油揚げのみそ汁
・ごぼうと高野豆腐の煮物
・チリメンきゃべつときゅうりの塩もみ
つづきを読む


東京・新宿から西へ、JR中央線の西荻窪駅を降り、北口を出て線路沿いに歩くと『のまど』という旅の本屋があります。先日、そこで行われたサラーム海上さんのスライドトークショー(※)に参加し、仕入れてきたレシピが昼めし日記に登場です。
※『サラーム海上の中東料理リサーチ最前線2016年夏編』-新刊『MEYHANE TABLE 家メハイネで中東料理パーティー』(LD&K)の発売を記念しての、中東料理が一品付いたスライドトークショー

2016年8月8日(月曜日)(料理人 よこやま)
DSCN0823ヤズ・サラタス
(スイカとミントと白チーズのサラダ)

トルコのデザートサラダ。
白チーズの塩が利いてるので塩を入れる必要はありませんでした。
びっくりするほど真夏の暑い時期にぴったりなさっぱりとしたさわやかな一品でした。

つづきを読む


DSCN0755_bluetomato青トマトが届きました。はじめまして!と拝見。これを冷製スープにしたり、炒めたり。赤いトマトとはまったく違う食感、味わいで楽しめるとのこと。それはうれしいです。まだ熟す前だからとても硬い。スープ用には最適ですりおろすのもやりやすいんだそう。わたしもやってみたいな、とはいえ、巷で、あえて青いままのトマトって売っているのかしらね?みたことないなあ。すっかり青トマトスープのファンになりましたが、巷にないなら、そうだ、うちのベランダ菜園のまだ青っぽいトマトでやってみればいいかな?と思ったら、数日前にカラスにとっていかれてしまったことを思い出しました。(み)

7月19日(火)料理人 よこやま
DSCN0765_all・クスクスのオムレツ風
・青トマトの冷製スープ
・夏野菜サラダ
・ノラ・カンパーニュ

 

 

 

つづきを読む


   やってまいりました。暑苦しい夏?いやいや、それともまだ梅雨が明けていない?だいぶ早い段階からムワ~ンとした生暖かい空気にまとわれている事務所です。今からこんなに暑くて大丈夫か?東京の水がめは?などとあちこち心配はしてみるものの、時々思い出したように雨を降らせているおてんとさん。どーなってるんだぁ?ということで、身体がついていくのもなかなか大変ですね。お昼のまかないにおいても、ごはんつぶが食べたいのか?しかしパンも口の中でモソモソする季節だな、と食料ストックを眺めながら料理人さまの脳内レシピはあちこちの引き出しをひっぱりだし…。さすがです。なるほど、これがぴったりかも、というメニューになりました。(み)

7月12日(火)(料理人 よこやま)

DSCN0733・ズッキーニと枝豆ととうもろこしのクスクスピラフ
・冷製スープ ビシソワーズ
・フレッシュサラダ

 

 

 

 

つづきを読む


毎日おいしいまかないをたらふく食べているのに、どんだけ!ってほど更新をサボっておりました。。あれもこれも“独創的”で“うんまい”まかない揃いだったのにお見せできなくて残念。(いえ、ちゃんと記録はとってありますけれどね…)ということで今週、野の扉より届いた野菜たちの中にいよいよ夏の到来を感じさせるベビーコーンが。ほらみて!とザクリと皮に手を入れて見えてきたはキラキラ光る“とうもろこしのヒゲ”。ヒゲの大群(?)を崩して分け入るのがもったいない程だけど、その奥にはほんとに小さくてかわいらしい粒々の、生まれてネ!なベビーコーン。この大量のヒゲから養分が送られて立派なとうもろこしに育つんだね、と盛り上がりました。だからこんなにキラキラだったんだ、ヒゲ。これから最盛期に向かって育ついのちはキラキラだっていうことです。(あたりまえか…)(み)

6月8日(水)
・鶏むね肉入りラタトゥイユ風スープ(カルダモンが入ってGood)
・赤い大根とポテト、きゅうりのサラダ(赤キャベツ、枝豆、新玉ねぎ、フェンネルの茎入り・自家製マヨネーズで)
・車麩とニラのチャンプルー(ニラが肉厚でしっかりしていた)
・ライ麦の黒パン(ノラの黒パンはどこのものより味わい深い)

 DSCN0601 

 

 

 

 

 

つづきを読む


先週から雨がひたすら降っている。曇りと雨の日々。よく降りますねえ。昨日はちょっと晴れ間が出て、やっぱりおひさまが顔を出すとうれしい!なんて思ってたら、今日はまたまた曇り空。ころころと変わりやすい天気に、『洗濯物が乾きませ~ん!』。
さて、ただいまインターン生を受け入れ中の当事務所、昼めしもにぎにぎしい日々。野菜の消費も早い!次の『野の扉』のやさい定期便 の日を待たず、やさいBOXの中は閑散としだす。箱の中でさみしそうにコロンと転がったじゃがいもたちや、冷蔵庫の中のこまごまとした野菜たちを眺めながらしばし脳内シミュレーション、作りながらもメニュー変更して。(み)

zenntai20150826
・ゴーヤとパスタの韓国風炒め
・甘トウガラシのポテトサラダ
・モロヘイヤとオクラの味噌汁
・頂きもののパン
(料理人 やまうち)

 

 

つづきを読む