おしらせ

帰ってきました!! 10年ぶりに。
花房洋子作品展
ブラジルから未だ見ぬ友へAos amigos que ainda não conheço…

 

 

 

 

 

会場:豊島区目白4丁目23-2  スペイン料理アカデミー ※入場無料
期間:4月15日(月)〜4月21日(日)
電話:03-3953-8414 /時間 11:00~17:00(最終日のみ12:00まで)

花房葉子トークショーとお茶会
「ブラジルから、まだ見ぬ友へ」
語り手 花房葉子
聞き手 志澤小夜子
・日時・4月20日13時 – 15時
・会費:3000円 (ティータイムセット付き)
・定員:15名
・お申込み:スペイン料理文化アカデミー info-spain@mbh.nifty.com
・主催:スペイン料理文化アカデミー
・共催:WIG食の世界の女性たちの会

画家、花房葉子さんがブラジルから帰国してアカデミーのサロンで個展を開催してくださいます。この機会に、葉子さんご自身から最新の著書「まだ見ぬ友へ」のお話、それにまつわる様々な本のお話、ブラジルのお話など尽きないお話を伺う機会を設けたいと思います。

表紙イメージ

 

花房葉子著
『野のごちそう帖』
自然食通信社(2007年刊)
定価:1700(税込:1870)円 2007年刊
フランス装 フルカラー A5変型判

 

幻想的な銅版画、五感を刺激するイラストとともに、17年に及んだ北海道の自然のいとなみとの交感が鮮烈に、官能的なことばに紡がれた著書『野のごちそう帖』は深い余韻を残した1冊に。南半球ブラジルへ旅立ち、気がつけば10年近くにもなった暮らしの中で全開していく瑞々しい感覚から生み出された花房葉子の新たな作品との出会いが皆様をお待ちしております。


💐まりぼんと早川ユミ💐
二人展
おんなは雑草
2024年3月23日(土)〜3月30日(土)
11:00〜19:00(日:〜17:00)
会場:noie extent 目黒区八雲1-6-7
Tel.03-6682-8200   http://noie.cc
東急東横線 都立大学駅より徒歩3分
在廊日:23、24日

おんなは雑草みたい。

土からうまれ、

種のように、土を着る。

だれしも土に還る

よりどころをさがしている。

民なる芸術のちからが、

みらいをつくるとき、

やがて土着のアナキズムと

フェミニズムのちいさなくらしが、

みらいをつくる。


2023年11月7日発売
〈わが名は
シャクシャイン
名取弘文 著

本体価格2000(税込2200円)
ISBN 978-4-916110-63-3
A5変型 (10.6×20cm) 96頁
挿絵・装幀:小林敏也

アザマロ、アテルイ、コシャマイン、そしてシャクシャイン。
アイヌの地を侵略し圧政支配するヤマトに対峙し、
抵抗し、蜂起したアイヌの英雄たち。
叙事詩的スケールで、いきいきと、劇的に語られる
アイヌ民族の世界観と受難の物語。

 

モシリは 神々が造ったもの
山には 山の神がいる
山には 山の意味がある
川には 川の神がいる
川には 川の意味がある
神々を畏れ 山を畏れ 川を畏れる
われらアイヌは 森を伐らない
大地を掘らない

*****************

ウタリたちよ わが名をとなえよ

われをだまして殺した者たち
われの仲間を恥ずかしめた者たち
われの仲間を殺した者たち
われらのモシリを奪った者たち
われらのカムイを笑った者たち
いつかマツマエも亡ぶだろう 
いつかエドも亡ぶだろう
ヤマトも亡ぶだろう

著者:名取弘文(なとり ひろふみ)
1945年東京都荒川区生まれ、早稲田大学文学部卒業。神奈川県藤沢市の小学校教諭として勤務し、途中から家庭科専科となる。2007年退職。退職後は「おもしろ学校理事長」を名乗り、各地で出前授業をしている。 主な著書に『おもしろ学校の日々』(教育出版)、『おもしろ学校開校記念日―好学心とエントロピー』(有斐閣)、『おもしろ学校ナトリのライブ』(自然食通信社)、『こどもの権利』(雲母書房)、『シネマの子どもに誘われて』(現代書館)、『おもしろ学校映画館』(子どもの未来社)など。映画に『おもしろ学校のいち日 名取弘文の公開授業』(制作・監督 西山正啓)。
1993年の国連の国際先住民族年をきっかけにアイヌ民族との交流を続けている。

ウェブサイトで本を買う

 


2023年6月26日発売
『野の花歳時記
   田川洋吉 写真・俳句集

田川 洋吉 著・写真 本体価格1300円(税込1430円)
ISBN 978-4-916110-77-0 B6変型並製 48頁
オールカラー

 

 

 

 

 

 

 

遺作となった4冊目の写真・俳句集。

様々な草花や樹木の写真に自作の俳句を添え、

歳時記のように四季の移ろいに沿って配列。

写真50点、俳句50句。オールカラー。

私はすでに3冊の写真集を自費出版しています。もし90歳まで長寿を全うすることが出来たなら、記念として4冊目の写真集『野の花歳時記』を上梓したいと考えています。これはその原稿(下書き)のつもりです。ご覧いただき真にありがとうございました。~「はじめに」より

田川洋吉:  1931年熊本県生まれ。熊本大学薬学部卒業、熊本逓信病院(のちにNTT九州病院)薬剤科勤務。1991年NTT九州病院薬剤科部長を退職。熊本市より東京都多摩市へ転居。2021年11月1日永眠。
〈写真歴〉1989年「日本の自然」全国写真展入賞。1989年熊本日日新聞社写真展入選。1989、1990、1991年九州二科会写真部公募展入選。写真展(個展)を多数開催。写真・俳句集を3冊刊行 (いずれも絶版。デジタルブックにして無料公開中) 。

https://tagawaphotoalbum.actibookone.com/

amazonで購入    楽天ブックスで購入    紀伊国屋ウエブストアで購入

 


自然食通信社新刊『ちいさなくらしのたねレシピ』
著者 早川ユミの<土着のフェミニズム>展
4月8日(土)〜22日(土)宮崎・日向市にて /会場:宮崎県日向市美々津町3414   雑貨&カフェ min  火曜定休
tel:0982-58-0425/instagram:@minmimitsu
🤹‍♂️ちくちくワークショップ:
4月8日(土)14-16時
4月9日(日)10-12時
料金:15,000円/定員:各回15名

               種みたいに 土を着る  

             早川ユミ 
   土着の
フェミニズム展
くらしが、みらいをかえるとき

わたしのことばで紡ぐ
わたしの土着のことばを、編む

わたしであり、
あなたである感覚と共生するために
循環、ジェンダー、畑、
フェミニズム、アナキズム

宇宙の氣を呼吸する
地球をべろのようになめる
世界をわたしのからだのように触れる
社会を自分のこころのように感じる
村をわたしのふたつの手のように想う

土を着て
土とくらす
土着のひとになる
土とわたしがひとつになるとき
くらしが、みらいの世界をつくる
紡ぐくらしが、みらいをかえるとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


手づくりのすすめ 増補改訂版

 

2021年10月26日発売 

読み継がれて40年のロングセラーがさらに増補改訂版に! 自分で作れば安心無添加、本物の味と香りに出会える

おかげさまで、重版決定です!! / 2022年3月14日 第2刷出来

『手づくりのすすめ 増補改訂版』編著・ 自然食通信編集部+小玉光子+八田尚子/彫・ 宮代一義  

本体価格1800円(税込1980円)ISBN 978-4-916110-42-8 

読み継がれて40年のロングセラーが、さらに増補改訂版に!  「生ぶし」「鶏をさばく」「かぶらずし」が加わりました。1981年に創刊した雑誌『自然食通信』の連載6年分の中から、選りすぐりを掲載。

台所をあずかってきた女性たちの手で、長い年月を重ねて受け継がれてきた食べものづくりの技術と知恵。失ってなるものかと、全国各地の先輩方に手ほどき願い、素朴な版画を交えて丁寧に再現しました。

取材のなかから見えてきたのは、かつてはあたりまえに日々の営みの一つとして作られていたものだという事実。

自分でつくれば安心、無添加。本物の味と香りに出会えます!

つづきを読む