おしらせ

「わたしのからだは、自然からのおくりものです。木が土とつながるように、わたしのからだは、地球と繋がっている」。  小さな畑に種をまき、耕し、実りという贈り物を自然からいただきながら、肌になじみ守ってくれる布に寄り添い、ちくちくと衣類や身辺で役立つものを創りだしてきたユミさんのくらしへの想いを、NHK-Eテレで放送します。 第1回の放送日は11月27日(日)午後3:30〜3:59 「高知 実りの秋」 第2回の放送は、12月4日(日)午後3:30〜3:59 「高知に暮らすおんなたち」 《近畿地方》12月4日(日)午後3:00〜3:29 12月4日(日)午後3:30〜3:59 《東北地方》11/27(日)午後3:30〜3:29 12/4(日)午後4:30〜4:59

https://www.nhk.jp/p/ts/BX2PG2W4VR/

NHK-Eテレ 番組予告から↓
高知の山間で、“ちいさな自給自足” の暮らしを営む、布作家の早川ユミさん。▽お米や野菜、自分で食べるものは自分で育て収穫し、来年の種をとり、保存食にする。▽工房では世界中の手織布や草木染でちくちく服を作る。今日はタイの布でもんぺ作り。機能的でうつくしい、ユミさんのお気に入りだ。▽ユミさんの生き方にひかれてやってくる若い「お弟子さん」たちとニンニクとソラマメの種をまく。生きるための知恵を身に着ける、暮らしごと。  

本書『みらいの からだのーと』は、本サイトおよび、全国の書店様、下記のWeb書店様より予約・注文いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 


2021年10月26日発売 

読み継がれて40年のロングセラーがさらに増補改訂版に! 自分で作れば安心無添加、本物の味と香りに出会える

おかげさまで、重版決定です!! / 2022年3月14日 第2刷出来

『手づくりのすすめ 増補改訂版』編著・ 自然食通信編集部+小玉光子+八田尚子/彫・ 宮代一義  本体価格1800円(税込1980円)ISBN 978-4-916110-42-8 

読み継がれて40年のロングセラーが、さらに増補改訂版に!  「生ぶし」「鶏をさばく」「かぶらずし」が加わりました。1981年に創刊した雑誌『自然食通信』の連載6年分の中から、選りすぐりを掲載。

台所をあずかってきた女性たちの手で、長い年月を重ねて受け継がれてきた食べものづくりの技術と知恵。失ってなるものかと、全国各地の先輩方に手ほどき願い、素朴な版画を交えて丁寧に再現しました。

取材のなかから見えてきたのは、かつてはあたりまえに日々の営みの一つとして作られていたものだという事実。

自分でつくれば安心、無添加。本物の味と香りに出会えます!

素材である農作物の生産現場の実情や、加工の際に使われる添加物についてなど、食べ物の素顔に迫る記事が充実していることも、本書の大きな特徴です。

※クリックして見本ページをご覧ください ためし読み

【目 次】

<春> 酒まんじゅう/味噌/コウジ・麹・糀/自家製酵母パン/お茶/山菜の保存/あくまき

<夏> 豆腐/梅干/ドレッシング/干物/カマボコ・チクワ/生ぶし

<秋冬> 柿酢/醤油/コンニャク/水あめ/麩(ふ)/寒ざらし粉/そば、うどん/しょっつる/つくだ煮/キムチ/ハム、ベーコン、ソーセージ/鶏をさばく/かぶらずし

 

【まえがきから】
何もかも手づくりで、家族に安全な食べものをと気負う必要はないと思いますが、食べものを作ることや、服を作ることや、暮らしを創るさまざまな工夫が実に楽しい仕事であることをぜひ体験し、味わっていただきたいと思うのです。

そして、食べものの素顔に出会える『手づくり』を通して。食べものとそれを食す私たちの生活を取り巻くさまざまな社会の仕組みへ関りを深めていく一歩に、この本が多少なりともお役に立てるならば幸いです。

 ウェブサイトで本を買う

 

本書は、本サイトおよび、全国の書店様、下記のWeb書店様より予約・注文いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 


2022年9月26日発売

「わたしのからだは、自然からのおくりものです。木が土とつながるように、わたしのからだは、地球と繋がっている」。 

 お金じゃない
 からだがいちばんだと
   おしえてくれたコロナ

                  

早川ユミ・絵と文 本体価格1800円(税込1980円)
ISBN 978-4-916110-48-0 
 
NHK-Eテレ [暮らしごと~ユミさんの土とちくちく]第2回放送  2022.12.4(日)  小さな畑に種をまき、耕し、実りという贈り物を自然からいただきながら、肌になじみ守ってくれる布に寄り添い、ちくちくと衣類や身辺で役立つものを創りだしてきたユミさんのくらしへの想いを、NHK-Eテレで放送します。 第1回の放送日は11月27日(日)午後3:30〜3:59 「高知 実りの秋」 第2回の放送は、12月4日(日)午後3:30〜3:59 「高知に暮らすおんなたち」 《近畿地方》12月4日(日)午後3:00〜3:29 12月4日(日)午後3:30〜3:59 《東北地方》11/27(日)午後3:30〜3:29 12/4(日)午後4:30〜4:59  https://www.nhk.jp/p/ts/BX2PG2W4VR/

感染症をおそれ みんなであつまったり
ごはんを食べたり お酒をのんだりすることが
できなくなりました。

元気のもととなる ひととの交流が
ことごとく禁止されるなんて
国や政府が わたしの生活を細かくコントロールすることは

今までの人生のなかで こんどがはじめて

分断されて 身に沁みる

ひとと ひととのつながりで
支えられていたと知った
日々のくらし

悠久の自然のいとなみのなかで おそわった 
人の世に脈々と息づく 知恵という贈り物
ジジ、ババ、ヒイジジ、ヒイババ…
今なら 目の前に ほら いますよ
たいせつな贈りを たずさえ  
親しいひとたちが ふかぁ〜い皺と笑みをたたえて


他者とともに育て いつくしむ くらし
それを支える 生き生きとした からだ 
とりもどしませんか

つづきを読む


3年ぶりに開催の「BOOK MARKET 2022」に自然食通信社も出店します。
人気の本、おすすめの本、取り揃えて販売します。ぜひお越しください!

■第12回 BOOK MARKET 2022

2022年7月23日(土) ~ 24日(日) 10:00~17:00
浅草・台東館 7階南側会場

東京都台東区花川戸2-6-5 (場所→Google Mapで見る)
東京メトロ銀座線浅草駅・東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅から徒歩5分
都営浅草線浅草駅から徒歩8分
つくばエクスプレス(TX)浅草駅から徒歩9分

56社の出版社・新刊書店・古書店などが、「本当に面白い本」を持って大集結!
本や古書の販売はもちろん、野菜や生活雑貨の販売も。本にまつわるさまざまなトークイベントも開催

★詳細は主催者のホームページでご確認ください。
https://www.anonima-studio.com/bookmarket/

BOOK MARKET は、出版社が主催する本好きのための本の夏祭りです。
第12回となる今回は、過去最大となる50ブース56社が大集合します。
「本当に面白い本」との出会いを楽しみにいらしてください。
出展社一同、読者の皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

★自然食通信社の出展社紹介はこちら
https://www.anonima-studio.com/bookmarket/2022exh/18.html


2001年、滝宮小学校で〝弁当の日〟を始めた竹下和男さん

竹下和男さんインタビュー・子どもが育つ「弁当の日」(初回放送:2021年4月18日)が再放送されます! 10月17日(日)午前4時5分~5時【ラジオ深夜便 おいしい仕事人 アンコール(NHKラジオ第一)】です。https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2a6.html アンカーは「きょうの料理」でお馴染みの後藤繁榮さん。子どもだけで「献立」「調理」「弁当箱づめ」「片づけ」を行う〝弁当の日〟。自分で調理し自立へ踏み出す子どもたち、手出しをせずに見守る先生や親、子どもたち同志で学びあい成長する姿などなど。そのお話は、20年間続けてきた説得力があります。ぜひこの機会にお聴きください。子どもたちが笑いながら教室で弁当を食べる日を、楽しみに待ちながら。

自立とは 自分の食事 作れること  『100年未来の家族へ』ぼくらがつくる〝弁当の日〟5.7.5 竹下和男(文・写真)宝肖和美(写真)

自由港書店・旦 悠輔さんにお薦めいただきました。

「くらしも」(発行:フェリシモ クラソクラブ会員誌)11月号、特集は〝今日の1ページ〟。様々な悩みについて、本のセクレクトショップの店主に考えの視点が広がるような本を選んで、紹介してもらうかたち。

「将来のお金が不安」という悩みに、自由港書店の旦 悠輔さんが弊社刊『ききがたり ときをためる暮らし』つばた英子・つばたしゅういち著を薦めてくださいました。

そのアドバイスは「お金ではなく、とき(時間)を貯めていってはどうでしょうか。長い時間をかけることで、どんどん身のまわりが美しく、気持ちよくなって、次の世代にも残せるようなものになっていくとしたら。」というもの。

じんわり、深く沁み込むようなご紹介です。心より感謝申し上げます。自由港書店さんとは、Web商談会を通じて知り合い、Facebook で書店が出来上がっていくのを楽しみにしていました。2021年5月1日にグランドオープン。場所は神戸市須磨区衣掛町4-2-12 内田ビル1階、営業時間は【木~日13:00~18:00営業】(月火水定休)です。https://jiyukoh.jp/index.html 記憶に残る書店体験や一生の宝物になるような本と出会えるはず。お近くの方は営業日時をご確認のうえ、ぜひご訪問くださいませ。

「くらそび 11月号」(発行:フェリシモ クラソクラブ会員誌)https://www.felissimo.co.jp/kraso/kurasobi/