おしらせ

テレビ朝日「まだアプデしてないの?」は関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子による〝価値観アップデートバラエティー〟。2021/6/26(土)15:30~16:00【←関東地方・テレビ朝日】の特集は「料理男子」。

画像は次週の予告です。小学生でフランスに料理修業に行ったケイタ君のVTRとインタビューが紹介される予定。「料理男子」の価値観がどのようにアプデされるのか⁈楽しみです。

放送日時は地域によって若干違いますが、6/26の放送終了後から、番組HP https://www.tv-asahi.co.jp/mada_update/ に表示される【テレ朝見逃し】でも視聴できます。ぜひご覧くださいませ。登校前に映像やインタビューのために色々と対応してくれたケイタ君、いつもながら本当にありがとうございます。

『料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと』も合わせて楽しんでいただければ嬉しいです♪


https://www.mamatas.net/mag/3398/ ←クリックで【ママタス 】記事へ移動

『料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと』著者・ケイタさんの記事が配信

フランスで教わった【コルドンブルー】【クロックマダム】を調理するケイタさんの姿を見られます。レシピも掲載。マイ包丁とお鍋を持参し、撮影に臨みました。お母さんの貴重な一言もあります。ぜひご覧ください。

小学生のうちに出版したかった『料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと』も好評発売中です。レシピも14点掲載。よろしくお願いします。


「むすび」の記者が春休みを待って、ケイタさん(『料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと』著者)の暮らす信州・伊那谷を訪問。とことん自分たちの夢を実現しよう奮闘する家族の暮らしを丁寧に取材。どうぞご覧ください。↓画像をクリックすると、大きくなります。

本書が編集部に届き、取材が決定するまで。
ケイタさん、フランス料理修業に旅立つ
フランスで学んだ家庭料理とご両親のこと
人と人をむすぶツール「ペッカリービール」

――地元の旬の食材で簡単な家庭料理を作る楽しさを経験させることがおススメです。「子どもが作る弁当の日」は20年かけてその実効性を示してきました。――


https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20210422-OYO1T50016/

↑(記事はこちらで)2001年に竹下和男さん(滝宮小学校・元校長)が発案した「弁当の日」。その20年の足どりと安武信吾さん監督の『映画「弁当の日」―「めんどくさい」は幸せへの近道』について紹介されました。映画については→ https://bento-day.com/

竹下和男さんは「弁当の日は家族の絆を深め、子どもの健やかな成長につながる。映画で取り組みがさらに広がり、子どもが料理をする光景が当たり前になってほしい」と語っています。


昼飯2021.3.16

・味噌汁/具=里芋・長葱・渦巻き焼き麩
・サツマイモ入りご飯/具=サツマイモ・生姜/調味料=塩
・白菜の煮浸し
 <材料>白菜・山芋/調味料=だし汁(昆布+鰹節)・酒・薄口醤油・みりん
 か砂糖・塩
・ジャガイモと人参のグラッセ風
 <材料>ジャガイモ・人参・玉ネギ/調味料=バター・塩・胡椒
・長葱・春菊入り卵焼き

本日のおかずハイライトは白菜の煮びたしなり。山と刻んだ白菜と長いもすりおろし。材料はこれだけと素っ気ないけれど、たっぷりの出汁が染み込んだ白菜のうまいことといったら! 冬の鍋料理で、魚やら肉やら牡蠣やらに取り囲まれ、全身にその旨味を染み渡らせ大活躍したのはついこないだのこと。

人も鳥も動物も草木も春を恋しとう3月ともなれば、その役割を完全に終えている白菜。キッパリとした気持ちで春に向かうためにも、最後のひと働きをしてもらいたい。というわけで、まずは味の決め手となるだしを昆布と鰹節でたっぷりと用意。

あとはいたって簡単。刻んでおろすだけだから手はかかりません。そうですね、2人分で大きさ中くらいの白菜の半分を使います。繊維に沿って長さ5〜6センチを目安にザクザクと。
酒、薄口醤油、塩で吸い物より少し濃いめの味にしただし汁(とろろ芋を伸ばすための分を残して)で、クタクタになるまで弱火でじっくり煮ていこう。

野の扉からは、自家採種の種イモからじっくり育てたたくましい山芋が毎冬数回は届く。ねっとりと地味豊かな山芋も里芋と共に煮物、揚げ物、とろろご飯と、わが家の食卓を支えてくれるエースだったと、今更ながら実感。
皮をむいて、すり鉢ですりおろした山芋に残りのだし汁を少しずつ加えながら1.5倍くらいの量まで伸ばしておく。

たっぷりのだし汁が染み通った白菜を深めの皿に盛り、出汁じたてのとろろ芋を添えて出来上がり。

つづきを読む