既刊案内

既刊一覧に戻る

2004年6月25日 発売

撮影・落合由利子(2004年)

表紙イメージ

改訂新版
ふみさんの
自分で治す草と野菜の常備薬
病知らせるからだの中からの声に耳を澄ませて
一条ふみ
定価:1700(税込:1870)円
ISBN:4-916110-11-0 2004年6月発行
A5並製 234ページ
解説「病い知らせるからだの中からの信号に耳を澄ませて」――民俗信仰の『集まりっこ』のなかで、ばっちゃんの膝に抱かれ女ご衆のかわす話を聞くともなく聞きながら“風のように光のように、自然に覚えた”豊かな薬草の知恵。今日までたくさんの人たちを癒してきた一条ふみさんからの温かく、心にしみる贈り物。

いろんな紹介・感想いただいてます
読者カードより
■「新聞でみて知り、すぐに買い求め、早速草をお茶にして毎日飲んでいます。友人にもプレゼントしとても喜ばれました」(鳥取県 40代女性)
■「草花等が病気に効果があることは断片的に耳学問的に聞き及んでいましたが、この本で全般的に知ることができました。たいへん実用的な本だと感謝しています」(長崎県 60代男性)
■「3才の息子が生まれてはじめて突然40度近い熱を出し、不安ながらもふみさんの菜っ葉の手当を施したところ、一晩で熱が下がり、びっくりするやら感激するやら…」(埼玉都 30代女性)
■「先人の知恵として興味深く読みました」(茨木県 50代女性)
■「まさに常備本というべき本! 一条さんのすてきな生き方が伝わってとてもお気に入りの一冊になりそうです。」(長崎県 30代女性)
■「わが家の宝物として大切につかいたいと思っています」(岩手県 40代女性)

 

著者、一条ふみさんが去る3月22日、死去されました。

1981 年、当社社名ともなった隔月刊雑誌『自然食通信』創刊時より、お住まいの岩手と東京を互いに行き来し、著者が終生関わられた農民自身による自立に向けての 闘いの取材や、雑誌へのご執筆を通し、困難な雑誌継続を励まし続けてくださり、また16年に及んだ雑誌の休刊後も、ささやかな出版活動への厳しくも温かい 精神的支援をいただいてきた、代表横山にとってはかけがえのない方でもありました。ご冥福をお祈りいたします。
本書によって長年にわたり編集部スタッフともども、著者が望まれたように、医療に頼る前に、自らの体の中から発せられる微細な信号に耳を澄ませ、からだに具 わったちからを育てるようにとの教えをこころに刻み、出版の精神的支柱として本づくりにも反映させてきました。初版、改訂新版併せて17刷りを数え、たくさんの方たちに読み継がれてきた本書の意義をあらためて思い起こしております。    自然食通信社 代表・横山豊子(2012年9月)

 

 ウェブサイトで本を買う

Amazonで購入 楽天ブックスで購入 e-hon全国書店ネットワークで購入

主な目次

第1章 現代人に増えている病に
  ヨモギ 糖尿病の糖を抑える
  キハダ 肝臓には強い味方
  ツユ草 根っこから煎じて腎臓に
   ウツボ草 腎臓からの腫れ・むくみに
  木ササギ 昔から利尿に秀れていた
  大根おろし+根生姜 詰まった腎臓をきれいに
    切り倒された木ササギの木
  コンニャク 腎臓に温湿布が効く
    花咲くころ、種になるころ、それぞれに潜む薬草の力
  スギナ 内臓のさまざまな痛みに
   〝冷え″のダメージが本当に怖いのは秋になってから
  アカザ 血をきれいにしてくれる
  柿と柿の葉 血圧が安定するのを実感
    病知らせる体の中からの信号に耳を澄ませて
  人参 煮つめたジャムで元気に
  松葉酒 心臓を楽に、咳止めにも
  桑の木 家族二人のガンが快方へ
    すぐに治らなければ気がすまない現代人

第2章 身近なものを上手に使って
  ドクダミ 体内の毒を吸い出す
    石灰化した腎臓でもドクダミ飲みながら長生きした叔母
  ユキノシタ(井戸草)  たえず人間を助けてきた
  トウモロコシの毛 煎じ茶で膀胱炎を治す
   「戦争で、兵隊たちを薬草で救った」と元軍医さん
  根生姜 呼吸が苦しいときの湿布に
  ハコベ 身近な胃腸のクスリ
  タンポポ 胃腸丈夫に。強壮剤にも
  菜っ葉 解熱には生薬を当てて
  豆腐 目ざましい熱さまし効果
    生ゴミも乾燥して小さくすればエネルギー源に
  オオバコ 結膜炎の充血が治った
  ソバ・小麦粉、里芋のパスタ 体の奥の熱や毒をとる
    いいと言われる食べ物でも「一辺倒」はあぶない

第3章 覚えておいていいこと―医者に行く前に
  お灸 天然の万能薬モグサで
  ホオズキ 咳止めには実を煎じて
  イタドリ 根を煎じて肋膜炎に
    農家の暮しの中で草も見事に生かされていた
  ウマノブドウ 体の中からの痛み、腫れに
  サイカチ 咳、痰が出なくなった
  桃の葉  かゆみ、じんましんに
  野萱草(カンゾウ) 利尿に、酒の中毒に
 

[薬草の使い方メモ]

  塩を使う―①ヨモギの温湿布に 塩を使う―②生姜の温湿布に

  塩を使う―③薬草エキスで目を洗う

  大根の干し葉を風呂に

  薬草を煎じる―①お茶として使うとき 薬草を煎じる―②薬として使うとき 

  タンポポの根をお茶に

第4章 循環の世界に魅せられて
  共同性のある環境で育ったからこそ見えたもの/若いころから地球そのものへの畏敬の気持ちを抱いて/「ジャガイモとトウモロコシと豆植えていれば食っていける」/私の民間療法は民俗信仰の世界から/ばっちゃんの膝で眠りながら覚えるともなく自然に/国が切り捨てようとも、農業は生命にとっての根源/経済の効率から一歩外れないと/大量のビニール資材が土を汚染していく農業/生死の峠で考えたこと/農業以前の世界/循環する世界の危機