新刊案内

既刊については既刊案内をごらんください。

2018年1月10日 発売

新刊案内

※当社営業日は月曜〜金曜(土日・祝祭日休業)となっております。配達日ご指定の際、到着までの日数に余裕をみてご注文くださいますよう、お願いいたします。

2018年1月10日発売!

東京・世田谷区「オーボンヴュータン」のオーナーシェフであり、フランス伝統菓子の第一人者・河田 勝彦の世界。パティシエの哲学書です。

すべてはおいしさのために
オーボンヴュータン
河田勝彦 著
本体価格:1600円
(税込:1728)円

ISBN:978-4-916110-47-3
四六変型判/並製/300ページ

解説「僕の菓子づくりの原動力は、こころの中に残り続けた“思い”。40年以上経っても、ボーヌ地方の糖菓子屋のおばあちゃんが焼いていたサブレの味が忘れられない」
小さな伝統菓子から、生菓子や、丸4日かけて仕上げるカヌレまで、数百種に及ぶ菓子のどれひとつ手を抜かないと自らに課して40年。家族、恋人、友だち、そして自分のために買って帰った人たちの幸せにほころぶ顔を夢見つつ、伝説の職人は街角の小さな店の厨房から、きょうも「おいしくて、甘い」菓子を生み出している。

河田 勝彦 Kwata Katsuhiko
1944年東京生まれ。「米津凮月堂」を経て67年渡仏。パリ「シダ」で修業を始める。「ショコラティエ・サラヴァン」「ポンス」「ホテル・エ・シャボー」…など12店で働き、74年「パリ・ヒルトン」のシェフ・ドゥ・パティシエを務める。76年帰国、埼玉・浦和でチョコレート菓子や焼き菓子の卸業を始める。81年東京・世田谷区尾山台に「オーボンヴュータン」開店。著書に『ベーシックは美味しい』『プティフールとコンフィズリー』(柴田書店)、『オーボンヴュータン河田勝彦フランス伝統菓子』(誠文堂新光社)、『お菓子のきほん、完全レシピ』(世界文化社)他。


甘さは控えるものではなく、秘めるもの。
甘さが前に出たら、おいしさの真髄は味わえない。
そのうまさを口にしてしまうと、もう妥協なんかできない。


「美味しいんだよ」と話術で食べさせるわけじゃない。
僕らの表現方法は、作る菓子がすべて。

 

 

 

 

 

 

本を注文するには

 ウェブサイトで本を買う