新刊案内

既刊については既刊案内をごらんください。

2019年1月20日 発売

※当社営業日は月曜〜金曜(土日・祝祭日休業)となっております。配達日ご指定の際、到着までの日数に余裕をみてご注文くださいますよう、お願いいたします。

 

新刊案内

2019年1月20日発売予定!
ニュートンは リンゴで ぼくは 弁当で

100年未来の家族へ
ぼくらがつくる〝弁当の日〟5.7.5

竹下和男 文・写真
宝宵和美 写真
本体価格:1400円(税込:1512)円
ISBN:978-4-916110-88-6
A5変型判/並製/144ページ

 

はじまりのぼくは、スーパーで迷子になった。買いたいものをさがせなかった。はじまりのぼくは、リンゴの皮がむけず、ごはんをたけなかった。友だちと弁当の見せっこをしていると、失敗までもが楽しかった。今はスーパーで迷わないし、楽しみながら買いものができるようになった。うまく答えられないけれど、なんとなく、ニュートンに負けない発見もしているような気がする。

解説「親は手伝わないで」校長のこの一言から2001年に始まった”弁当の日”。実施校は2018年現在、全国で2300校に。「自分で作る」「家族に作ってあげる」…「入院しているおばあちゃんに届けたら、ベッドの上に正座で泣きながら食べていた」。「いただきます」「おいしかった」あたりまえの言葉がこんなに嬉しいなんて。
18年撮りためた写真と子どもたちの残した言葉から掬い上げた川柳128句で構成した本書は、子を持つ親の世代になった「弁当の日」1期生の「先生たちの考えていることがだんだんわかってきた」と言ってくれた子どもたちへの返礼ともいえようか。

(本文より)
失敗作 いいえ あなたのデビュー作
目覚ましより 先に起きてる ”弁当の日”
弁当は 水平運動 見せっこまで
ばあちゃんが 育てたマンバで 郷土食
子の自立 さびしいけれど ガマンガマン
鶏・魚 野菜・牛・豚 オレになる …

 

 

 

 

 


竹下和男(文・写真)

1949年、香川県生まれ。小・中学校長、行政職を経て平成12年度より香川県滝宮小、国分寺中、綾上中の校長を歴任。3校で全国初の試み「子どもが自分で作る”弁当の日”」に取り組み、2010年3月退職。朝日・毎日・読売・産経各紙、共同通信を通じて各地方紙や雑誌等で広く紹介された。その間、『”弁当の日”がやってきた』『台所に立つ子どもたち』『始めませんか 子どもが自分で作る”弁当の日”(対談・鎌田實氏と)』『ごちそうさま もらったのは”命”のバトン』(以上小社刊)を上梓。以後フリーで講演活動を通じ、学校・家庭・地域が手を携え子どもの成長を喜びあえる環境づくりをと、精力的に活動している。著書多数。

宝宵和美(写真)
1973年生まれ。96年、(株)スタジオエビス入社後、99年独立。CDジャケット:椎名林檎『加爾基 精液 栗の花』、宗次郎(オカリナ)、ベッキー、King Bratherz。「日比谷公会堂」記念写真。『Feeling Birth』(自然食通信社)撮影。ライフワーク:出産写真「ありがとう」上映会、男の介護教室(久留米教室)主宰。

「弁当の日」の実践は全国の小中高校、大学、オフィスへと、2030校を数えるまでに広がっています。それぞれの現場から寄せられる生き生きとした取組みの様子がひろがれ”弁当の日” brogで読めます。

本を注文するには

 ウェブサイトで本を買う