新刊案内

既刊については既刊案内をごらんください。

2020年11月7日 発売

新刊案内

話題沸騰! 好評発売中(2020年11月7日発売)

育てたのか? 育ったのか? 「やりたい!」ことにまっしぐら

料理大好き 小学生がフランスの台所で教わったこと

ケイタ 著 

本体価格1400円 (税込1540円) ISBN:978-4-916110-89-3
B5変型判/並製/128ページ(オールカラー)

お知らせ〇11/13(金)NHKラジオ第一 午後9時5分~「高橋源一郎の飛ぶ教室」で『料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと』が【秘密の本棚】一コマ目で取りあげられ、トークの主旨が『読むらじる』に掲載されました! ぜひご覧ください。 https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/gentobu20201113.html 本書を教育の書ととらえ、核心をつく紹介でした。ありがとうございました。

ケイタさんが松本市の書店さんを訪問されている様子が、11/12(木)SBC信越放送「ずくだせテレビ」(午後1時55分~)の中で放送されました。「僕が書いた本です」と真剣に伝えるケイタ君に、書店さんも優しく真剣に応えてくださいます。やりたいことはタイミングを逃さずに、やらせてみる。大切です。 

 解説 長野県山中の農家で暮らすケイタ。1歳で包丁を握り、小学5年生で渡仏。親はとめずに見守り続けた! 300点の写真で見る驚きの成長記録‼

小さいとき、ぼくはなんでもまねをしたがる子で、台所でお母さんのやることを見て包丁でりんごの皮をむいたり、お皿を洗ったりしていたらしい。

やりたがったから、お母さんはやめさせなかった。それで、ぼくは料理を作るのが大好きになったんだね。

推薦〈子どもが作る「弁当の日」提唱者〉竹下和男

山中の農家で暮らす小5の男の子が思い立って、2週間も学校を休んで向かった先はフランス。
そこには彼の家で農業ボランテイアのかたわら美味しい料理を作ってくれた友人たちが待っていた。
本書は、渡欧費はクラウドファンディングで集め、鍛冶屋で作ったマイ包丁を提げ、行く先々でフランス料理のレパートリーを増やしていった修業記録。
その行動力にあきれ気味の親のもとで、次々と新しい遊び(労働)を体得していく姿に感動!今は家族に料理をふるまいながら、大工と一緒に自分の家を建てているのだ。育てられたのか? 育ったのか? 親が子育てを楽しむ秘訣がこの中にある!

著者紹介  ケイタ 2008年神戸市生まれ、長野県伊那市在住。幼い頃から台所で料理をするほか、なにかを作ることが大好き。趣味は400ページ以上の世界の名作の本を読むこと。料理は趣味と生活の間の存在。家づくりにも挑戦中。

 

5年生の夏休みには包丁もつくったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイタのもとに集まったとっておきレシピもいっぱい

 

 

 

 

 

                   

 

 

 

                           

チエリとジェレミーの料理教室

 

お母様のハヤシヨーコさんは、3人の息子さんの子育て真っ最中。
あとがきで
――どんなに幼くても、本人がやりたがるタイミングを見逃さず、「安全確保をするだけで、口出しと手助けは最低限に」と心がけた結果、3人とも暮らしに必要な家事ができるようになりました。今では私が忙しいときや寝込んだときに、代わりに料理を作ってくれる頼もしい3人に成長しました。――と綴られています。
「こどもって意外とできるんだ」を実感できる一冊です!

 

本を注文するには 本サイトおよび、全国の書店様、Web書店様よりご注文いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 ウェブサイトで本を買う

Amazonで購入  楽天ブックス

目次

はじめに 3
第1章 ぼくのこと
1 ぼくの家族 8
2 農業ボランティアの人たち 14
3 死ぬかもしれなかった病気のこと 16
4 旅の準備 18
第2章 フランスの首都 パリ
1 たいくつだったパリの朝 22
2 パオロとパオロの家族のこと 26
3 ナポレオンはくぐれなかった凱旋門 28
4 マダムの料理教室 30
5 シャンティイ城 クリームはあますぎた 36
6 夜のエッフェル塔 38
7 日本食を作った 39
農民のスープ 24
ポトフ 32
ラタトゥイユ 34
第3章 アルプスのふもと シャンベリー
1 アナイスとギョウム 42
2 山のふもとの田舎のくらし 48
3 アルプス名物ラクレット 56
4 日曜日のマルシェ 62
ポレンタ 46
農家のラザニア 52
おばあちゃんの野菜スープ 54
豚のフィレ・ミニョン 58
じゃがいもの牛乳グラタン 60
第 4 章 “ 美食の街 ” リヨン
1 美食の街と呼ばれるわけ 66
2 国際美食館に美食はなかった? 68
3 ノートルダム大聖堂 71
4 おいしかった郷土料理 72
5 牛乳の味くらべ 74
6 コインランドリー 75
第5章 ジェレミーの故郷 トゥールーズ
1 シェフのジェレミー 78
2 買い物から料理は始まる 84
3 こんなものまで 量り売り 88
4 チエリとジェレミーの料理教室 92
5 日曜日はそろってごはんを食べる 99
6 黄色いベストの人たち 107
クロックムッシュ/マダム 80
コルドンブルー 82
クリームブリュレ 90
ピストゥ豆スープ 96
鶏肉のフリカッセ・アンシエンヌ風 100
レモンパイ 104
第 6 章 料理修業の旅 まとめ
1 ゴミと落書きのナゾ 110
2 フランス料理でちょっとわかったこと 112
3 失敗することもあるけど、
またやってみればいい 120
おわりに 122
子どもって意外とできるんだ ハヤシヨーコ 125